ただ前へ

第1志望が落ちました。
自分が思っているほど自分の心は強くなくて、ショックは大きいです。というか落ち込むのが普通なんでしょうけど。

就職のことを考えた時にやっぱり、行くことになった大学よりも第1志望の大学の方が断然いいし、何よりも夢を叶えられる近道だから、第1志望が落ちたって知った時は絶望しました。血の気が引くってこのこと。貧血になりかけた。

でも夢への近道とはいえ、大学に入ってどんなことをするかなんてどこいったって自分次第だし、中身のある人間になるには大学名に頼っちゃいけないんだろうけど。
それでも最終学歴は重要だもんな~。大学に誇りを持って4年間通えなきゃ意味が無いし、私にはその通える自信が無い。だから不安、不安に押しつぶされそう。


どんな大学に通ったってやりたいことは続ければいいし、夢に向かって勉強すればいい。
そんなこと分かってる。つもり。



私がどういう人間か私が一番わかってて。プライドだけ本当に高いから、こんなに立て続けに不合格通知もらうなんて多分もう私の限界を超えてるんだと思う。とっくに。

小学校の頃から何においても1番にならないと気が済まなくて、と言っても負けず嫌いというジャンルでは無く、ただ単にプライドが高いだけ。1番じゃない人のことを見下してただけ。持久走でも1位じゃない人達のことを 1位じゃなくて嫌じゃないのかな? なんて心のどこかで馬鹿にしてたというか、自分のことしか見えてなかったというか。テストでも満点を取らない人の意味が分からなかったし。解き終わる時間も どうしたらそんなに時間をかけられるんだろう? とも思ってた。

中学校の時、今までのようにそう簡単に上手くいくはずもなく、段々成績も落ちて運動も出来なくなった。それでも騙し騙しで(自分も周りの事も)「出来る人」を演じ続けてきた。周りの人を落胆させたくない、という気持ちと自分が出来なくなっていることを認めたくない、という両方で。勉学や運動はまだ出来てた方だけど、性格や言動はほとんど本来の自分じゃない完璧な人格を演じてた。だから、皆から実力以上に期待され、少しの間違いで周囲を大きく落胆させる事もあった。○○らしくない。そんな言葉をかけられることも少なくなかった。私が一番嫌いな言葉。
高校の進学も偏差値を気にして選んだ。全部人の目を気にして。


どうしてこんなに人の目を気にするようになったんだろう。

いっつも人の顔色ばっかり伺って会話したり、友達にも気を遣って上手く話せなかったり、自分の素を出せなかったり。


皆のこと見てると心底不安になる。
大人になれない、私みたいなこんな大人見たことない。


勉強云々じゃなくて、私が周りに1番さらけ出せなかったのは性格。だから今の今まで引きずってる。
こんなに皆から期待されてきた人生を歩んだ人間だったから、第1志望に受からず、大企業に就職することが難しいような大学に進むってことが受け入れられなかった。誰にも本当の気持ちなんて喋ったこと無いし、家族にも強がり言ってきた。



胸を張ってここに通ってますって言えるようになりたい。浪人して、有名大学に入る選択肢もある。だから余計に辛い。どれもこれも自分の判断だから。受かった大学に嫌々行くよりも浪人した方がいいのかもしれない。でも私にはそこまでの強い意志が無い。1年間耐え抜く自信が無い。




きっと時間が解決してくれる。
行きたかった大学に行くことは出来なかったけれど、人生終わったわけじゃなかった。
これから、




根本的な性格は変わらないかもしれないけど
自分が無理して変に繕ったりせず、新しいスタートを切ろう










ただ前へってめっちゃいい言葉😭
今ただ前へ聞いたら泣いてしまう……