まだほんのりと熱をもつその光景

名前の付け方が分からない山田担です。ここに書いておきます➡️まあや

ナミヤ雑貨店の奇蹟

最近、人と話すことが多くなったなぁと感じます( ¨̮ )

あ、あれですよ。別に今まで他人を避けてきた訳では無いですよ

9月は、初対面の人と話すことが多かった!

今までの私の人生振り返っても
今月は何かの転機かな?って思うぐらい、あまりにも他人と接した......!




そんな自分の状況とあいまって、9月23日に公開された『ナミヤ雑貨店の奇蹟

とても心温まる映画でした!

どこを切り取ってもダメなんだと思う
あれ全部で一つの物語で
どの部分が自分にどう刺さったかじゃなく
全部見終わった時に感じるものがある映画でした


ちゃんと敦也として見れてたかな......?

そういうこともあるから
自担の演技のお仕事は嬉しいけど、自分との戦いでもある




今回、原作を読んでからの映画でした


小説の方でも、最後のシーンは感動するはずなのに泣けなくて、自分の中で少し不発に終わってました

映画でも同じところで興ざめしてしまったので同じだ.....って(なんの話)



原作にとても忠実だった印象
変えるところはバッサリ変えてた印象



それにしてもかっこよかっなぁ
あの大画面で鎖骨、ホクロ、顔、首をじーっと見れたことは一生の思い出だろうなぁ


泣きのシーン!
ここは絶対内容に入り込め...駄目だぞ......首筋なんぞ見たら......駄目だぞ.....

と思いつつ、がっつり綺麗なお顔を見て参りました!


あぁ申し訳ない、あそこは絶対下心ありでみちゃいけないやつだった!なんとなく分かってた!不謹慎だって!!!

ごめんね!!!!!!



山下達郎さんの曲、物凄く良くて
映画館で聞くとまた違うのね!


でもファンとしてはJUMPに歌ってもらいたい
この映画は難しいの分かってるけど…

エンディングがJUMPだったらそこで泣いてる




JUMPって映画出ても、主役でもグループで歌わないね?

ピーチガールは絶好のチャンスだったと思うけど、そこで歌わなかったってことはJUMPの意思??無理やり僕達にするなら他のアーティストさん使ってください、的な?それともイメージ似合わないからって理由で制作側から依頼されてないだけ?








...はっ!まさか...コードブルーでワンチャン...

無い。一番無い。






ていうか仕事を自分たちで選ぶなんてことが出来るのだろうか...

口出しなんてできるのだろうか…していいのだろうか......


厳しい芸能界だから、きっとそんなこと許されないだろうし…






じゃあ何!?
JUMPが歌わないのは何なのよ!!!!!(激化)