My Girlの解釈

遅ばせながら、この歌詞にやっと向き合おうと思いました。

 

 

 

 

 

 

なんせ最初歌詞を聞かない人間なんで、

え?この曲って三角関係なの?って気づいたのがコンサート後で。

 

(歌詞聞かないのになんでいつも口ずさんでいるのだろう)

 

 

 

 

 

言葉の聞き取りと理解が同時に行われないんですね!私の頭は!

 

 

 

 

 

 

 

 

全然関係ない話ですけど、私いつも新曲が解禁されたら3回で完璧に仕上げるんですよ凄くないですか?一回目は流しで聞いてリズムとメロディを頭に入れ、二回目で歌詞をフルで覚え、三回目で確認のため一緒に歌う流れなんです。それなのにいや、そんな事してるからだ。歌詞が頭に入ってこないのは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本題に戻ります。

 

 

 

結論から言うと、MyGirlは山田涼介と有岡大貴が幼馴染みの女の子に恋してる歌

 

女の子は小さい頃からずっと山田涼介が好きだった。

 

山田涼介も女の子のことが好きで両想いなんだなとお互い感じていた関係だったが言葉にすることもなく成長していく。しかし、大きくなるにつれ女の子は*何らかの理由 で有岡大貴と付き合い始めた。

 

気持ちはまだ山田涼介にあるのにも関わらず、コロッと有岡大貴に走るこの女の子、私は嫌いですね。

 

有岡大貴の彼女となった女の子を自分のモノにしたい山田涼介は有岡大貴に「(彼氏という枠をお前が得たけど彼女を)諦めろ、彼女は僕が好きだから」という。

 

確かに彼女は山田涼介のことが心のかたすみにいるかもしれないけど、今は俺の彼女だし、何言っても(この関係は)変わらないよ(この先も)俺も好きだから

 

 

サビ

山田涼介は1度有岡大貴に渡ってしまった彼女の身をもう誰にも私はしない、と歌い、有岡大貴は山田涼介に傾く彼女の気持ちをもう誰にも渡しはしないと歌っている
ラストは山田涼介が気持ちに気づくのが遅かったことを悔やみ嘆くOh Oh Oh Oh.....!

 

 

 

 

 

しかし彼女は最終的に山田涼介を選ぶ

 

 (謎)

 

 

 

 

 

 

だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

*何らかの理由...山田くんが上京などの遠距離になったか、山田くんはその時女の子のことが好きでは無かったか