読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾慧について

伊野尾慧の儚さ。それは誰もが深く考え、悩み、苦しむものだと思います。私自身も伊野尾慧の魅力に気付いてから4年半、毎日考え続けているものの未だに答えが出てきません。

なぜこれほどまでに、彼は多くの人を惹き付け、魅了しているのでしょうか。私なりにまとめたものをご覧下さい。

 

①声

ご存知の通り伊野尾くんは特徴的な声の持ち主です。サーっと曲を流していても「あっ!伊野尾くん!」と秒で気づきます。現に私も好きになり始めた当初、1日で声の見分けがついたのは伊野尾くんだけでした。そしてあの鼻声。JUMPingCARのアルバムが一番きてました。特にDISCOJOCKEY!!は殿堂入りではないでしょうか。一度聞いたら忘れることの出来ない伊野尾くんの声。これは彼にとっても物凄く大きな武器であることは間違いありません。

 

②外見

174cmの身長でHey! Say! JUMPの中では真ん中より少し大きい位置にいます。群を抜いて高い身長ではありません。ここに天使感がうまれます。「.....あれ?伊野尾くんは天使なのかな…...?」という錯覚に陥ります。微妙な身長。低身長のちびーずにも高身長のフローレス組にもどちらにも属さない伊野尾くんは天使です。(八乙女君と岡本君は1回目をつぶってもらっていいですか)

そしてあの細さ。雑誌でうっすい生地の衣装に下は肌、みたいなのありましたけどあの時のクビレの細さといったら衝撃もんでした。体のほくろも高ポイントです。ホクロという人間らしささえも尊いものに感じさせ、より天界のお方なんだと再認識させてくれる、そんな不思議なものです。

静止画よりも動いている時に発揮されるあの綺麗な手。そして血管の浮き出た腕。伊野尾くんが笑う時の手の持っていき方が最大限にうまく使いこなしてる。上品。指のどこがそんなに長いのだろうと観察した結果、爪の先から第一関節までの長さが人並み以上。爪の形が指にあっているために余計長く綺麗に見える。というよりも実際綺麗。

顔に関して言うならば、明らかに赤ちゃん👶唇が分厚いところを見ると心の底から優しい人だということが推測出来ます。あ、ついそういうことをすぐ考えてしまう思考回路なもので.....。黒髪短髪の外ハネをしていた頃の伊野ちゃんより可愛らしさが増した雰囲気の2017年伊野尾慧ですけれども、もう既に世の中の一般ピーポーに茶髪がイメージづけられめざましの人という認知度も上がっていると思います。この伊野尾慧の儚さというものが目に見えるとするならば、彼の髪の毛が黒に戻った時、それが夢の終わりを告げてしまうのではないかという恐怖心が心のどこかにあるからだと思います。もちろんそう思いたくないですし、そもそも黒髪の伊野尾くんの方が好きですので髪色を変えられたぐらいで落胆なんぞしませんが。ただ、今の2017年の伊野尾慧の雰囲気に疑問を感じ、存在について深く考えている時点で、茶髪の伊野尾慧の儚さを考えていることと同じなので、少なからず伊野尾慧は何者なんだろう(普通の人間)と考えていることはいつか終わってしまいそうな魅力に圧倒されているのだと思います。大学と仕事の両立。どちらかというと大学の方で注目を集めていて、歌番組であまり抜かれないような日が続いて、オタクもこの先が全然見えなくて、でもそんな時にふと気がつくと世の中は伊野尾慧を求めていて、いろんな媒体で一人スポットライトにあたる日々が続き、目まぐるしいぐらい忙しい生活をしている伊野尾くんは何者なのか(いやだから人間)

あの時何を思って、今何を考えているのか、多くは語らないミステリアスな部分がまたも人を惹き付ける!

.....どこから脱線しましたっけ??

 

③内面

なーにが適当じゃい!!!うぉぉら、ぼけぃ!(激しい)伊野尾慧に適当な部分なんて一ミリもないと思ってる人間なので。厄介だなとか思わないでくださいね。だって「い〜の?」\おっけい!/の掛け声を自分で考え、今の今まで言い続けてるなんてアイドルそういませんよ?!アイドルの意識が高い証拠じゃないですか!(激しい)でも本人は普通のことをやってるだけで何も特別なことはしてない、とでもいうように仕事をこなしていく。それが本人が一番やりやすい仕事の仕方なのかもしれないですけど。あの人間性がとても素晴らしいと思います。尊敬です。

 

結論:自分に正直に生きているその姿が見るものを魅了し、虜にさせる

生きている姿そのものがアイドル伊野尾慧というだけだった