【いただきハイジャンプ~告白成功料理企画~】

5/10放送のいただきハイジャンプを見ました。

 

これは何か書き残さないと!という衝動に駆られました。山田くんの誕生日に何もしなかったくせに、

山田くん、おめでとうね〜!(いや軽い)

 

いや私ね?口に出すとすぐ冷めるタイプなんですよ(知らんがな)本人いないのに、おめでとう🎊とか言うと悲しくなっちゃう。(そこはすぐ現実を見る)

 

 

 

 

 

😭😭😭😭😭😧😧😧😧😧😧

 

 

 

言いたい事は山ほどあって、

いや、一つしかないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこ、私のポジ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(リア恋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってさ、私の山田くんと一緒にしたいことリスト、聞いてくれます?

 

 

㈠山田くんにマンツーマンで料理を教えてもらう

f:id:paruko0120:20170512233900j:image

 はい

 

 

㈡山田くんの料理姿を隣で見る

f:id:paruko0120:20170512233910j:image

 はい

 

 

㈢ていうかそもそもプラベじゃなくてロケとかのお仕事で絡みたい

 f:id:paruko0120:20170513063222j:image

はい

 

 

 

 全クリ!?全クリですねヽ(。・ω・。)ノ

 

 

 

 

 

あー私、ちゃんと山田くんのことみて湧いてる健全なオタクだって再確認できたけど。

確かに湧いたけど!いやそういう話じゃなくて

 

 

あの企画の羨ましさパないからまじ。え?なに、、(焦り)

 

 

 

 

オープニング

髪真っ黒じゃん!って染めたね〜真っ黒めっちゃカッコイイよ👍☺️

 

 

企画発表

告白?は?!そんなの自分の気持ち次第だろ世の中に背中押して欲しい人どれだけいると思ってるんだ自力で頑張れよ

 

.....あ、お父さんに、.....あっ.....うん、そうだよね.....優しいお父さんだね、

 

 

 

山田くんめっちゃ好きそうじゃんこういうの

もう張り切ってるしヽ(。・ω・。)ノ

 

 

 

企画中

料理で手助け.....?メニューを考えるのかな。煮付けかぁ〜♡よく煮付け作ってるの見るなぁ♡

え、山田くん!はぁ.....美しい.....ふぅ.....

 

んっ!?りょ、りょ、りょ料理を

お、お、お、お、教えてもら、え、る!?

 

なんで!!!

まぁそうなるのは分かるよ、企画だもんね。

いや、でもこの人本当に凄いことを体験してるっていう自覚ある??え?

 

 

 

 

ぅあああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!玉ねぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!玉ねぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな!!!!!!!!!!!目の前で!!!!!!!!!!!きれねぇよ!!!!!!!!!!!(お前じゃない)

 

 

 

ぅあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!玉子!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな見つめられたら!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!誰でも!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!手は!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!震えると思う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ぅあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!あの卵のサプライズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!こんなのしてるの?!いつも!!!!!!!!!!!そうなの???????????こんなの見て誰が好きにならないんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!辛いよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

文字に起こすのには限界がありました。

お見苦しいことは重々承知です。ご了承下さい。

 

 

 

 

有岡大貴の沼について

有岡くんにハマりそうになった話です。今も有岡くんのソロアングルでもずーっと見てれば有岡担になりそうなぐらい軽率なオタクです。

 

私がHey! Say! JUMPの存在そのものを知ったのはカモナの頃だったと思います。(遅い)まだ、知っているレベルの話です。テレビで見かけても、こんなふざけた歌を.....wとか、これぞジャニーズって感じがしてどうも好かないなーとか、完全に馬鹿にしてました。逆にそのころ何を好きだったのかと言われれば、特に何も無かったので、本当にクズ人間だったなと思います。好きなアーティストがいないのなら、遅くないからカモナからファンになっていれば良かったのに。友達にHey! Say! JUMPファンがいて、その子山田担だったんですけど、オタクの文化もわからない私が、あぁこの子あまりHey! Say! JUMPについて知らないなと思うほど、知ったかぶっていたので、その子のイメージが強すぎて意地でもジャニオタになるかと思っていました。ジャニオタ=ろくでもないやつ、という認識が強かった。

テレビでHey! Say! JUMPを見ても、あぁ山田涼介でしょ?背が高ければねぇとか、ほんとクズってました。

ウィークエンダー辺りで山田くんの顔の良さに改めてみとれ、完全にHey! Say! JUMPってすごい!!!って思ったのが全員が作詞しているところでした。ここで私は完璧に堕ちました。歌もいい曲ばっかりだし、顔でというよりかは音楽性でHey! Say! JUMPを好きになった部分があって。それで調べていくうちに伊野尾慧という人間を見つけ、このグループ絶対売れる!!!(もう売れてた)と思い、追うことを決意。山田涼介のことをちゃんと知ったのはHey! Say! JUMPを調べてから一ヶ月後、やはり顔がよくすんなりと担当に。この時は、有岡担は何を見ているんだろう、顔が良くないのに←とずっと思ってました。(お前が何を見ているのか)私でも手が届くかも!ってなる顔なのかな?と、クズっぷりが発揮。

 

絶っっっっ対好きにならない自信がありました。

 

 

初めてコンサートに行った時。

最初に衝撃を受けたのは有岡担の多さ。オレンジのサングラスかけてる中学生が多いこと多いこと。でも、今思うと、メンカラ身につけてない人たちもほとんどが有岡担だったのかも、と思います。なんせ、本当に多いんでね、有岡担。有岡担って自己主張激しめの子が多いイメージで(勝手に)でも、そうですよね?学生の有岡担はほとんどオレンジのサングラスですよね?()お姉さんファンは本当に誰担かも分からない服で来るので見分けが難しいですけど。

 

そこから、なんでこんなに多いんだろう、と無意識に有岡くんのことを調べ始めました。それでも最初は、声がでかいなとしか思えなくて()

それなのにいつからか、有岡くんはファンの子のこと彼女として扱ってる、って感じ始めて。

そこからは早かった。

なんでそう思ったのかは、多分ファンサだと思います。あ!あとはテレビでの発言。あんなに自由奔放なことが言えるのはしっかりと受け止めてくれるファンがいるからなんだなって、感動しました。しかも有岡くん本人のファンに対する信頼があついなって。じゃないとあんな食レポ言えないじゃないですか!(失礼)

ファンとの信頼関係が目に見えてる人ってなかなかいないですからね。

 

 

 

 

ここからが本題!

 

有岡大貴の沼はほんと怖い。山田涼介にない魅力たくさん持ってる。イケメンすぎることで顔にそれ以上を求められないこともあり得る世界で、元々イケメンとして取り扱われていない有岡くんは、ちゃんと顔以外で勝負しに来てるし、ちゃんとそこがはねてるし+ダンスうまい。山田涼介以上なんだよ、もうその時点で()面白さで勝負してて、その枠も勝ちとって、みんなから好かれて、元気でアイドルで最高かよ。いや最高だよ。

有岡くんはリア恋枠って言われてるけど、有岡大貴は誰のものにもならないことで良さが出てるから、リア恋枠というよりも生粋のアイドル枠だよね。

自ら距離が近いアイドルですよって手を伸ばしてくれている感じはあるけど、むしろ遠すぎる存在なんだ、ということを突きつけられてるって感じるぐらい、有岡くんは完璧なアイドルだと思う。

 

無意識かと思いきやしっかり計算してるんだろうなぁっていう仕草でさえも愛おしく感じる。有岡くんが作り上げてるアイドルをしっかり受け入れた上で、それを作ってる有岡くんが愛しい(末期)

 

 

こんなに沢山現実考えても、すぐに夢に連れていってくれるのも有岡くん。すごい、ちゃんと現実を見させない。

 

庶民的ミッ〇ーマウスだね( ¨̮ )

 

 

 

 

 

高校生JUMPだったら

高校生JUMPの妄想は楽しい😊

それにしても髙木くんのリアルさと言ったら.....(わたしの妄想の中の話)高校でもイケイケだったのは間違いないですね、よく言ってますもんね。先生に怒られるタイプの生徒だったって(´・ω・`)そこは見た目と合いすぎかよー!!!ってなりましたもん。

 

妄想って言ってるけど、本当のことも結構あるかも.....やまちねあたり.....

 

 

 

 

いのたかありはスクールカースト1位ですね。
髙木くんがJUMP内で最もカースト1位感が強くて。その隣で絶対伊野尾くんが「たかきぃ〜」って言ってるし、皆のムードメーカー大ちゃんが休み時間ごとに髙木くんの机に行くし。教室内の女の子たちはそんなイケイケオーラ爆発してる3人を目で追うことしか出来なくて。移動教室は女子達に囲まれながらするも前後5mの空きスペース。キャーキャー言われながら。でも3人は全然気にしてなくて。放課後、髙木くんと有岡くんはバスケ部、伊野尾くんはゆる〜く美術部、伊野尾くんは基本的にバスケを見に来る。女子達に囲まれるため伊野尾くん用観覧場所が設けられる。


また違う学年でやまけとちねが、カーストというよりかはアイドル的な枠でキャーキャー言われている。ほんっとまぶしい。出来れば普通の男子高校生で妄想したかったけど、この3人は芸能界に入る以外道がない。妄想の中でさえもアイドルをやらせなければならない使命感が凄い。てなわけで、アイドルやりながら学校に通うキラキラ王子様系グループ。現実とそう変わらない。(そうかやはり彼らは想像上の方達なのか)こちらはもっと、近づけない。「今日、ケイト様みた〜♡」「今日も山田様が生きてる事実にありがとう♥」レベル。彼女とか作らない。ファンレターは爽やかに受け取るがファンへの対応は普通。体育祭などの行事は基本仕事で休み。(結局)抜け駆けするファンには洗礼が待ち受ける。怖い。


やぶひかゆとで同じ学年にしましょう。やぶひかを慕う弟的な枠のゆーてぃー。三人でいる時は弟ポジションなのに、本当はお兄ちゃんだから、女の子と接するときは面倒見がいい。そのギャップが最高。やぶひかは常に2人だけ違う空気が流れ、出来ていると噂されている。しかしファンレター、ラブレター云々に対するサービスが良い。(普段通り)
めっちゃ笑顔。薮くんは生徒会長。怒らない。めちゃくちゃ笑顔(2回目)中島くんはバレー部で、八乙女くんはテニス部。薮くんはサッカー部でキャプテン。3人とも男友達が多くて、しかも人気者。じつは中島くんも生徒会長に立候補してたけど僅差で薮くんになった。でも一緒に生徒会の仕事してるのをよく見かける。

ジャニオタの本心

カインとアベルのキスシーン、私まだ黙ってみられないんですよね。どうしてもうるさくなっちゃう。本能が騒ぎ立ててるんですよね。耐えられなくて、気が付いたら喉が潰れてたり涙が出ていたり。大体その夜は興奮して眠れません。

 

何が言いたいか、それは.....

 

 

 

オタクって自分から騙されに行ってるとこありません?

 

 

 

 

本当の気持ちで担当を見てないというか、全く違う頭に切り替えて見ているというか。わざと騙されてるって感覚、しません?

冷静になればわかることを一回封じ込んでオタクやってるんですよ。本当は分かってる。

 

 

 


担当に好きな人がいることぐらい、女友達とLINEしてる事ぐらい、元カノと言われる存在の女性がこの世にいることぐらい、もしかしたら進行形で彼女がいる可能性ぐらい......分かってる。

 

分かってて騒いでるんだよ(´-ι_-`)

 

 

私の友達は親切です。

いつまでもジャニーズ好きとか恥ずかしくないの?とか、その歳で夢見てんのイタイよとか、容赦なくバンバン言ってきます。

 

でもね、誤解してるよ。君たち。

 

 

 


この前、親戚の家に行ってきました。彼氏は?好きな人はいるの?と聞かれ、苦笑いを続けていました。すると、あんたまだ山田涼介とか言ってるんじゃないでしょうね!いつまでも夢見てんじゃないわよ!と言われました。違う。そうじゃない。私はただ趣味でジャニーズを追い、コンサートに行き、出演する番組を見て、楽しく過ごしているだけだ。ただ、その過程で山田涼介以外の男の人に魅力を感じにくくなるという副作用があっただけで。

ずーっと現実は知ってるし、脳内お花畑な訳じゃない。私にとって、ジャニーズは唯一の趣味であり、息抜きである。それが無くなってしまうと、自分の生活が寂しくなる。きっと楽しめない。

 

それに伴って考えられるのは熱愛報道。

アイドルの熱愛報道は本当にきつい。常に自分を騙し続けてきたのに、ついに目に見える形で担当が恋愛している事が分かってしまう。その絶望たるや。何が嫌かって、上に書いた通り彼女がいることが私を絶望に陥れている訳では無い。この先、自分の息抜きである自担を見る度に、女の影がチラつき、全然息抜きにならないことだ。熱愛報道が私から至福のひとときを奪う。その事に対するイラつきや怒りであり、最悪の場合、担当に落胆してしまうのだ。

 

 

 

全てをわかった上でキャーキャー騒ぐ。それはおかしい事なのか?いや、そんなことない。ほとんどのオタクはこうだろうと思う。

 

だから、私は山田くんに彼女がいないことを願い続ける。

担当という概念

私は常日頃から山田担を名乗っています。

きっかけはみんなしてかっこいいと思う顔、だったかも知れません。人気者に惚れる習性があるのでね。

担当は人それぞれのバロメーターがあると思ってて、

①推している人で、テレビにもっと取り上げてほしい!!!応援してるよ!!!

②応援してるけどあんまりテレビに出て遠い存在にならないでほしい気持ちもある.....

③大好き!!!リア恋!!!彼女とかできたら応援できない!!!

④私以外に担当とか名乗るやつ何なの?まじやめて欲しい。私の〇〇だから

 

それぞれが違った角度で担当を見ているために起こる担当という概念の相違。

一般的にオタクとは①として見られている。

 

だから、昨日のテレビに〇〇出てたね!かっこよかった!とかいちいち報告をしてくる友達が多い。これが受け入れられないタイプのオタクの私は、①に当てはまらないのであろうか。なんにも知らんと.....って思ってしまうのやめたい。

 

 

私にとって伊野尾くんは生きる道であり、アイドルとして大好きです。山田くんの何が好きで担当を名乗ってるのかって言われると、これは完璧に恋なので担当ではないのかもしれない.....(頭抱える)となってしまいます。

山田くんは大きく分けたとき健人君や知念君、伊野尾君とは違うジャンルのアイドルで、アイドル像というものをしっかりと作ってない感じなんですね、私から見ると。御三方とも頭がいいというところが共通していますが、そこだと思います。山田くんはあの3人ほど頭がいいとはいえない(失礼)

完璧にアイドルをやってくれない。よく現実を突きつけてくる。それが山田涼介です。良くも悪くも素でいる感じがする。メイキングで3回も携帯をいじる姿を目撃したし、根っからアイドルやってる感じじゃないから、信用出来ない部分があるし。縛るつもりじゃ無いけど、どう考えても前者の方が圧倒的に素晴らしいんだよ。それなのに山田くんのことをこんなに好きでいるのは、もう執着だよね。ここまで来たら。

 

 もし、応援している人の事を担当呼びするのならば、もう私は山田担ではない。完璧に保護者目線であるから。保護者目線の場合はなんて呼べばいい??それも担当でOK?

 

結論としては

この人がいなかったら今の自分はいないと思える人

その人との思い出がどれだけ濃いか、それに尽きると思います。

うちわを持った時に違和感を感じたら担当とは呼べないな、と自分ではそれを基準にしてます。

 

余談ですが、最近までは、JUMP好きな人同士なんだから皆仲良くなりたい!ドームみんなでLINE交換しようよ!みたいなノリがあったのですが、よく考えてみると、好きの概念がこうも違うのに仲良く出来るはずがないなと思いました(極端)

私はいち早くお話して楽しいなと思えるJUMP担の方とお会いしたい限りです。

 

山田涼介という存在に苦しめられた話

好きすぎて、好きすぎてですね。本当に辛かった(時期があった)まぁほとんどの人がリア恋に苦しめられた過去はあると思うんですよ。

 

なんとなく顔がかっこいいな〜と思って動画や画像を調べまくってどんどん堕ちていく。ここら辺は本当に人それぞれだと思うんですけど、私は急でした。かっこいいと思ってからすぐにメンバーのプロフィールを紙に書き始め、ほとんどの動画を制覇。秒で彼女の存在を調べ、落胆してました。(その頃言われていたのが一般人ということもありリアリティが増していた)その時が一番楽しいのかったかもしれないな、と今思います。応援している気持ちとしても楽だった。ただ、かっこいいな〜好きだなぁとしか見ていなかった。(そう、まだ「応援」という自覚があった)

あの頃は幸せだった。

 

でも好きになって一年経った時、あることに気づく。山田涼介だって、人じゃん。顔があって心臓がある。彼女になる人がこの地球上に必ずいる、もしくはこれから出てくることになる。その時はアイドルという人たちは30歳を超えないと恋愛をしない人達だと思い込んでいた。絶対山田くんに彼女なんていないし、ファンを大切に思ってるんだから悲しませるようなことしない!そう思っていてもしょうがないぐらい完璧にアイドルやってました。山田くんは。

 

しかし、いただきハイジャンプがレギュラー化したことによる山田涼介のリア恋感の増加。それに伴う気持ちのざわつき。テレビ見てると親近感というか知ってる人として見てて、こうした方がいいのになぁとかいう謎の上から目線で見てる部分があるのに、コンサートに行った時に襲ってくる罪悪感。正確に言うと罪悪感という気持ちすらも出てきません。何でこんなにファンが大勢いて、歌がめっちゃうまくて、超絶キラキラしてる人のことを私なんかが恋しているのだろうか。そんなことを思う日がコンサート後の2週間ずーっと続きます(短い)

皆さんは何日ですか?

 

山田くんは踊ってる時とか歌ってる時とかは完全にアイドルスイッチが入って無敵状態になると思うんですけど、その他の媒体、雑誌とかラジオとかいきなり素が出るじゃないですか(知らん)というか、それも素が出てると思い込んでるだけで実際はアイドルとしてのオフを見ているだけだと思いますが。そう思うと余計にこじらせる(泣)

最近まで、私が知りたいのはプライベートの山田くんなんだと思い込んでいました。ですが、本当にそうなのか自問自答しました。結果、アイドルしてる山田くんが好きということに落ち着く。

そりゃもちろん付き合いたいなぁとか思わないでもないですよ?今でも山田くん以上の人を見つけられる自信が無いし(付き合ったことある人が言える言葉)現れないと思ってます。でもやっぱり彼女がいると思うし、そう思うと辛いし。だったらもう夢を見るのはやめよう、となる訳ですね。自ら自分の気持ちに終止符を打つなんてもったいないことよく出来るな、って我ながら思いますが。山田くんの存在というのはそれほどまでに私に大きく影響しているし、これからもずーっと影響してくると思うんです。さめたとしても。もう既に色々な感情を経験してる分、冷めるとかいう概念はなくなっているのではないかと思っているので。

今は、まだ少し苦しめられながらも、「応援」という形をとっている(と思います)山田くんに好きな人がいるとしても、見守ることが出来るぐらいに成長しました。

 

こんなに考えるより、普通にかっこいいー!って見ていればいいじゃないか、と自分でも思うんです。でもそれが無理な時点で、山田くんに恋しているし、山田くんは自分のもの!!!という思いが頭のどこかであるということだと思うんです。アイドルにそんな感情抱いてる自分。そこに大きな葛藤が生まれる。いや、アイドルは恋される仕事だから、私は何も間違ったことはしてない。でも、山田くんのことを仕事している人だと認めたくない。矛盾が私を苦しめる。

もう2度と普通に応援していた頃には戻れない。そんな深刻な結論にたどり着くわけですよ。

 

 

最後に

皆さんお気づきかと思いますがとても重いんですよ、私。それも山田くんの影響だと思っていて。昔は、こんな感じじゃなかったんですよ。バラードだって苦手だったのに、今JUMPで好きな曲は?と聞かれたらベスト3はバラードでうまる。何でもかんでも人のせいは良くないかも知れませんが笑

 

伊野尾慧について

伊野尾慧の儚さ。それは誰もが深く考え、悩み、苦しむものだと思います。私自身も伊野尾慧の魅力に気付いてから4年半、毎日考え続けているものの未だに答えが出てきません。

なぜこれほどまでに、彼は多くの人を惹き付け、魅了しているのでしょうか。私なりにまとめたものをご覧下さい。

 

①声

ご存知の通り伊野尾くんは特徴的な声の持ち主です。サーっと曲を流していても「あっ!伊野尾くん!」と秒で気づきます。現に私も好きになり始めた当初、1日で声の見分けがついたのは伊野尾くんだけでした。そしてあの鼻声。JUMPingCARのアルバムが一番きてました。特にDISCOJOCKEY!!は殿堂入りではないでしょうか。一度聞いたら忘れることの出来ない伊野尾くんの声。これは彼にとっても物凄く大きな武器であることは間違いありません。

 

②外見

174cmの身長でHey! Say! JUMPの中では真ん中より少し大きい位置にいます。群を抜いて高い身長ではありません。ここに天使感がうまれます。「.....あれ?伊野尾くんは天使なのかな…...?」という錯覚に陥ります。微妙な身長。低身長のちびーずにも高身長のフローレス組にもどちらにも属さない伊野尾くんは天使です。(八乙女君と岡本君は1回目をつぶってもらっていいですか)

そしてあの細さ。雑誌でうっすい生地の衣装に下は肌、みたいなのありましたけどあの時のクビレの細さといったら衝撃もんでした。体のほくろも高ポイントです。ホクロという人間らしささえも尊いものに感じさせ、より天界のお方なんだと再認識させてくれる、そんな不思議なものです。

静止画よりも動いている時に発揮されるあの綺麗な手。そして血管の浮き出た腕。伊野尾くんが笑う時の手の持っていき方が最大限にうまく使いこなしてる。上品。指のどこがそんなに長いのだろうと観察した結果、爪の先から第一関節までの長さが人並み以上。爪の形が指にあっているために余計長く綺麗に見える。というよりも実際綺麗。

顔に関して言うならば、明らかに赤ちゃん👶唇が分厚いところを見ると心の底から優しい人だということが推測出来ます。あ、ついそういうことをすぐ考えてしまう思考回路なもので.....。黒髪短髪の外ハネをしていた頃の伊野ちゃんより可愛らしさが増した雰囲気の2017年伊野尾慧ですけれども、もう既に世の中の一般ピーポーに茶髪がイメージづけられめざましの人という認知度も上がっていると思います。この伊野尾慧の儚さというものが目に見えるとするならば、彼の髪の毛が黒に戻った時、それが夢の終わりを告げてしまうのではないかという恐怖心が心のどこかにあるからだと思います。もちろんそう思いたくないですし、そもそも黒髪の伊野尾くんの方が好きですので髪色を変えられたぐらいで落胆なんぞしませんが。ただ、今の2017年の伊野尾慧の雰囲気に疑問を感じ、存在について深く考えている時点で、茶髪の伊野尾慧の儚さを考えていることと同じなので、少なからず伊野尾慧は何者なんだろう(普通の人間)と考えていることはいつか終わってしまいそうな魅力に圧倒されているのだと思います。大学と仕事の両立。どちらかというと大学の方で注目を集めていて、歌番組であまり抜かれないような日が続いて、オタクもこの先が全然見えなくて、でもそんな時にふと気がつくと世の中は伊野尾慧を求めていて、いろんな媒体で一人スポットライトにあたる日々が続き、目まぐるしいぐらい忙しい生活をしている伊野尾くんは何者なのか(いやだから人間)

あの時何を思って、今何を考えているのか、多くは語らないミステリアスな部分がまたも人を惹き付ける!

.....どこから脱線しましたっけ??

 

③内面

なーにが適当じゃい!!!うぉぉら、ぼけぃ!(激しい)伊野尾慧に適当な部分なんて一ミリもないと思ってる人間なので。厄介だなとか思わないでくださいね。だって「い〜の?」\おっけい!/の掛け声を自分で考え、今の今まで言い続けてるなんてアイドルそういませんよ?!アイドルの意識が高い証拠じゃないですか!(激しい)でも本人は普通のことをやってるだけで何も特別なことはしてない、とでもいうように仕事をこなしていく。それが本人が一番やりやすい仕事の仕方なのかもしれないですけど。あの人間性がとても素晴らしいと思います。尊敬です。

 

結論:自分に正直に生きているその姿が見るものを魅了し、虜にさせる

生きている姿そのものがアイドル伊野尾慧というだけだった